キアヌリーヴスの若い頃は?現在は激太り?ぼっち飯?結婚は?

日本では映画「マトリックス」で有名になったハリウッド俳優のキアヌリーヴスさん。

最近はいろいろな噂が飛び交っており、ぼっちでご飯を食べるとか、激太りしたんではないかと言われていますが、今回はその真相について調べてみたので見ていきましょう。

スポンサードリンク

キアヌリーヴスの若い頃

キアヌリーブスは、1964年9月2日生まれの52歳。身長は186cmです。

出身地はレバノンですが、育ったのは主にカナダです。

キアヌリーブスの父はハワイ出身のアメリカ人地質学者で、中華系ハワイアン。母は元ダンサーのイギリス人です。

キアヌの名前の意味はハワイ語で涼しい風という意味らしいです。

キアヌの両親はキアヌが3歳の時に離婚してしまい、その後母と一緒に世界各地を転々とすることになります。

なんとキアヌの母親は3回も再婚しています。

最初はオーストラリア、次はニューヨークへ。その後はカナダのトロントへ移り住んでいます。

高校時代はアイスホッケーに夢中に!ただ、俳優を目指すため高校は中退してしまいました。その後はカナダでの俳優活動を経てハリウッドへ!

1989年のSFコメディ映画『ビルとテッドの大冒険』で人気に!その後『バックマン家の人々』や『殺したいほどアイ・ラブ・ユー』などに出演していきます。

キアヌさんの若い頃は親の離婚もあり、各国を転々としていたようですね。

そして、キアヌさんには仲のいい妹がいるようです。

キアヌリーブスには、青春時代の苦楽を共にした仲良しなキムという妹がいます。キムは10代半ばで白血病を発症し現在も戦っており、

ハワイのコンドミニアムで医師による24時間体制の看護の下で療養生活を送っているそうです。

2004年にはキアヌは妹のためにイタリアのカプリ島に家を買ってあげたりと、かなり妹思いです。

またキアヌは慈善活動にも積極的で、自身のがん慈善事業を設立したり、Stand Up to Cancerやthe SickKids Foundation、PETA(動物の倫理的扱いを求める人々の会)の活動を支援したりしています。

妹の為にいろいろと行動を起こしており、キアヌさんにとってすごく大切な人なんですね。

写真からも仲の良さが伝わってきますね。

スポンサードリンク

結婚

キアヌリーブスは結婚経験はなく、今も独身です。

キアヌには悲しい過去があるのです。

それは、キアヌを交際していた元恋人ジェニファー・サイムとの交際中にキアヌとの子供を妊娠しましたが、1999年の終わりに流産してしまいます。

そしてそれが原因で2人は破局したといわれています。

その後元恋人のジェニファー・サイムは、2001年4月2日、マリリンマンソン宅のパーティーから帰る途中停車していた車に衝突し、交通事故で亡くなってしまいます。

『マトリックス2』の現場でこの知らせを聞いたキアヌは、ひたすら寡黙を貫いたそうです。

その後キアヌは何人かの女性との交際が噂されたり、2015年9月に『ジョン・ウィック』のプロモーションのため来日した際も彼女と噂される女性と一緒にラーメンデートをしたり、日本を楽しんだようです。

ただ今は彼女がいるという情報はありませんでした。

どうやら、結婚はしてないらしく、彼女を失うことなど、かなり悲しい過去を背負っていますね。日本にも来日してるという事なので観光など楽しんでほしいですね。

現在

2013年にキアヌリーブスが第66回カンヌ国際映画祭期間中、カンヌ港に停泊したヨットから降りるところをパパラッチされましたが、その時の写真がキアヌが激太りしており、世界に衝撃を与えました。

激太りの理由はキアヌが初めての監督作品『Man of Tai Chi』撮影中に、監督の仕事が初めてということもあり過労のためおいしいご飯で栄養補給、ストレス発散していたため激太りしてしまったようなのです。

さすがにこの写真は太りすぎですね。誰だかわかりません。

役者という事もあり極度のストレスを感じてしまうので、体には気を付けてほしいですね。

このあと、1か月程度で元の姿に戻ったようです。

海外で激太りすると、かなり注目を浴びてしまうのでハリウッド俳優も大変ですね。

ぼっち飯

2010年5月にはキアヌが1人ぼっちでニューヨーク・ソーホーにある公園のベンチで昼食をとるあまりに可哀想な姿がパパラッチされ全米で話題に!『サッド・キアヌ』と呼ばれ日本でもネットを中心に話題となりました。

なんと、そのフィギュアまで発売されてしまったのです。そのフィギュアは日本でも大人気でで即完売してしまったそう!

びっくりするくらいそっくりですね!日本で人気が出るのも納得できます。

しかし、公園でご飯を食べたいときもあるでしょう。

パパラッチは何でもかんでも記事にしてしまうので考え物ですね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする