大泉洋の娘の名前みく?大学受験と大学時代はどうだった?

俳優であるにもかかわらず、軽快なトークと笑いのセンスでバラエティーにも引っ張りだこの大泉洋さん。

現在結婚しており、娘さんがいるとのことで、大学時代はどうだったのかも含めて見ていきましょう。

スポンサードリンク

大泉洋のプロフィール

大泉 洋(おおいずみ・よう)

生年月日: 1973年4月3日
出生地: 北海道江別市大麻
身長: 178 cm
血液型: B型
職業: 俳優・タレント・声優
活動期間: 1995年 –
配偶者: 中島久美子(2009年 – )
事務所: CREATIVE OFFICE CUE

北海道高等盲学校などの校長を歴任した教員の父親、中学校教師の母親の元に生まれ、兄弟は兄1人の4人家族。

最近では東京のテレビに出ることが多いため、北海道出身の俳優さんという事は知らない人も多いのではないでしょうか。

大学受験と大学時代

大学受験では遠距離恋愛をしていた高校の同級生と同じ大学を受験するも2浪し、本来志望校ではなかった北海学園大学経済学部経済学科に入学。

当初は相当落ち込んでいたと言いますが、大学では演劇研究会に入りそこで現TEAM NACSとのメンバーとの出会いを果たし、結成しています。

いまやメンバー全員がピンとしても活躍するようになったTEAM NACS。

演劇研究会及びNACSメンバーの森崎博之さんの薦めで入団した劇団イナダ組の舞台が評判となり、大学在学中に現所属事務所会長である鈴井貴之さんが当時主宰していた劇団の劇団員に認められ、現在の事務所に所属。

大学在学中の1995年に鈴井さんが「面白い大学生がいる」とディレクターに斡旋し、『モザイクな夜V3』で「元気くん」としてテレビデビュー。これをきっかけに、今では知る人ぞ知る人気番組『水曜どうでしょう』が翌年誕生しました。

この「水曜はどうでしょう」というローカル番組で人気がでて、全国区に進出していったようです。

まさに大学受験を落ちらからこそ今の大泉洋さんがあるといっても過言ではないですね。

どこにチャンスがあるかわからいので面白いですね。

嫁は中島久美子

大泉洋さんは、2009年5月2日にフジテレビドラマプロデューサーの中島久美子と結婚を発表しています。

中島さんは『救命病棟24時』や『天才柳沢教授の生活』などを手掛けたフジテレビのプロデューサーで、人事部などを経て現在は編成制作局ドラマ制作センター副部長に就任しています。

スポンサードリンク

大泉さんと中島さんの出会いは、2005年に放送された中島さんの手掛けた『救命病棟24時』第3シーズンに大泉さんが出演したことです。

大泉さんを見出し、キャスティングしたのは中島さんだと言われています。

さらに翌年中島さんが手がけたドラマ『おかしなふたり』にも大泉さんは主演で出演。

2年後のドラマ『ロス:タイム:ライフ』で再び2人は再会し、そこから交際に発展したと言われています。

二人の出会いのきっかけはドラマだったようですね。まさにドラマチックな運命の出会いですね。

娘の名前はみく

大泉さんと中島さんは、約1年の交際を実らせて2009年5月2日に結婚を発表。
中島さんは大泉さんより3つ(学年では4つ)年上の姉さん女房となっています。

そして、2011年5月31日に第1子である娘さんが誕生しています。

大泉さんは、所属事務所クリエイティブオフィスキューHP内のダイアリー内で父親になったことを発表。当時は妊娠報道などもされていなかったため、突然の誕生報告に驚いたファンも多かったようです。

大泉洋さんの娘さんの名前ですが、どうやら「みく」さんと言われるようで、久美子さんから名前をとったのでしょうかね?

そして、通う幼稚園はさすが芸能人、青山学院幼稚園に行かれているようですので、ずっと大学までは青山学院大学で決まりですかね。

この娘さんが「みく」という名前は公式には発表されていないですね。

どこ発信なのかわかりませんでした。

徹子の部屋に出演時に娘についてこう語っています。

大泉洋は休みがあれば必ず娘と過ごす。

当時3歳の娘が言葉をちょいちょい間違えるのが可愛い。
「ちからもち」を「ちかもらち」など。

多忙のため家に帰れない時もテレビ電話で娘とやり取り。

17日会えなかった時、娘とやっとあえた時に号泣。

1時間娘と会えただけで元気が戻る。
凄い高性能な充電器のよう。

6歳の娘と3週間ほど会えなくなることが決まった時
娘を幼稚園に送り出す時に思わずバスを追ってしまった。

3週間はやめて欲しい。2週間経つと修行僧のようになる。

これを見ると、大泉さんは娘さんを溺愛しており、大切に思っているようですね。

そして自分に似ないようにと願っているようです。

お母さんに似てほしいと誰もが思っているでしょう!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする