冨浦智嗣がカミングアウト?カルマン症候群 ?現在はオネエ!?

子役から成功している冨浦智嗣さんですが、現在はカミングアウトしてオネエになっているとかの噂がありますが、実際はどうのでしょうか?

今回はそんな冨浦智嗣さんについての噂について、真相を確かめていきましょう。

スポンサードリンク

冨浦智嗣がカミングアウト

名前 冨浦 智嗣 (とみうらさとし)
生年月日: 1991年5月15日
血液型 : B型
出身地 : 徳島県
身 長 : 164cm
趣 味 : 筋トレ、映画観賞
特 技 : サーフィン、ベンチプレス

2004年にTBS「3年B組金八先生」第7シリーズの生徒役でデビュー。

デビュー当時は童顔な容姿と同時に華奢な体型をしていたが、最近では筋トレを趣味のひとつとしており、非常に筋肉質な肉体を公式ブログなどで披露していた。

声が高く口調も女性と区別がつかない、男性としては非常に個性的で極めて珍しい声の持ち主である。

これについてはTBS系列で放送される『タンブリング』の番宣で出演した『アッコにおまかせ!』でも和田アキ子に「君、男の子か女の子か分からないよ」とビックリされている。

また、声のおかげで役の幅が狭められているのが悩みであると発言している(本人はヤンキー役をやるのが夢とのこと)。

子役として「金八先生」に出てからあまり見ることがなかったですが、オネエという事をカミングアウトしていたみたいですね。

本人のコメントがこちらになります。

自分を隠して生きるほうがしんどい。

この壁をまずは自分で超えないと一生偽って生きてい行くことになる。

それならば一時の恥くらいはかきますよ。

スポンサードリンク

でもかくして生きている人がダメとかも思わない。

それが日本のダメな風習だから自分が少しでも変えたいという意識はありますよ。

確かに日本だとオネエは受け入れられにくいでしょうね。

しかし、最近はジェンダーレスの流れがあるので徐々に浸透していくのではないでしょうか。

おねえ疑惑に続き、女装や化粧をしているとも噂になっています。

調べてみると、女装姿を見つけました!

実はこの女装姿、映画『ぼくたちと駐在さんの700日戦争』でのワンシーンだそうです

普通に女性に見えてしまいました

また化粧の噂ですが、具体的な話が出ているわけではなく
TVや映画などのメイクが話題になっているだけのようですね。

本人に女装癖や化粧はなさそうですので
ファンの方は心配しなくてもよさそうです

本当に女性にしか見えませんね。

元々綺麗な顔立ちなので役者としては幅が広がっていくのではないでしょうか。

カルマン症候群

冨浦智嗣さんはオネエという事をカミングアウトしていますが、カルマン症候群という症状があるようですね。

これについてみていきましょう。

カルマン症候群とは、本疾患では嗅覚の低下が見られ、剖検例では嗅球形成不全が認められる。

また、第二次性徴はほとんど見られない。

本疾患は、性腺刺激ホルモン放出ホルモン(GnRH)が遺伝子異常により合成されないためにおこる。

成長ホルモンは正常に分泌されるため身長などの発育は正常であり、そのため病識がない患者も多い

このようになっているのですが冨浦智嗣さんははこの病気じゃないかと言われています。

声代わりなどがしないのはこのカルマン症候群の大きな特徴になっています!

ですのでこのような噂があるのですがこのカルマン症候群は性同一性障害の人がなりやすいと言われていますから、

昔から声代わりをしていない。

本人はこのことについての発言はしていませんが、オネエという事をカミングアウトしたのでこのカルマン症候群ではないかと噂になったようですね。

色々なところから噂が出るので芸能人は注意が必要ですね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする