北村匠海の父は?美容師?子役時代は?

「君の膵臓をたべたい」という映画で、最近話題の若手俳優の北村匠海さん。

その北村さんの父親が美容師でイケメンという噂が広まっています。

今回は、そんな北村さんについてみていきましょう。

スポンサードリンク

北村匠海プロフィール

北村 匠海(きたむら たくみ)

【生年月日】1997年11月3日

【出身地】東京都

【血液型】B型

【身長】175cm

【特技】バスケ、水泳、ダンス、まつ毛にシャーペンの芯を15本乗せられる

DISH//のメンバーでリーダー

音楽だけでなく俳優としても活動していて、憧れの俳優は小栗旬さんです。小栗旬さんが初監督を務めた「シュアリー・サムデイ」にも出演しています。

「ゆとりですがなにか」や「仰げば尊し」「隣の家族は青く見える」などのドラマに出演してや映画「君の膵臓を食べたい」には主演しています。

北村匠海さんがは、小学校3年生の時にスカウトされて現在の事務所に入ったそうです。

小さいころからかわいかったんでしょうね。

小さいころから役者として、様々な俳優さんの幼少期・子供時代の役を務めています。

若手の俳優さんで音楽をやりながら、俳優活動もされている方のようですね。

元々、シャイで音楽と出会ってから性格が変わったと言っていました。

父は美容師

北村匠海さんの父親が美容師なのではないかという噂がありますが、話の出どころが全く分かりません。

一般人であることは間違いないと思うのですが…なぜこのような噂があるのでしょう?

父が美容師だという事実はありませんでしたが、どうやら北村さんがかなりの頻度で髪形を変えているからこの噂が広がったようです。

俳優さんで髪形を変える人が少ないため、余計に注目されてしまったようですね。

父親の噂については、他にもこんなものがあります。

父は北村一樹

北村匠海さんの父親について調べると、必ず名前が挙がる俳優さんがいます!それは…

俳優の北村一輝さんです。

なぜ父親だと言われるんでしょうか?

実は北村一輝さんには、元俳優の息子さんがいらっしゃいます。

こちらが息子の北村将清さん(23歳)です。父親の一輝さんに鼻や口元が似ていますね。現在は俳優を辞められダンサーとして活躍されているらしいです。

北村一輝さんには息子さんが1人しかおられませんし、匠海さんとも顔が似ていません。

同じような年頃の息子が俳優をしている、また同じ北村という苗字であることから、北村一輝さんが北村匠海さんの父親なのでは?という単なる噂が流れたものと思われます。

これもどうやらデマのようで、俳優さんつながりで広がった噂のようですね。

そして更にこんな噂もありました。

父はますだおかだの岡田圭佑

スポンサードリンク

俳優ではないですが、こちらお笑い芸人のますだおかだの岡田圭佑さん。この方も北村匠海さんの父親として名前が挙がっているんですよね~。

なんでもネット上で北村匠海さんと岡田圭佑さんが似ていると話題になったことから、父親説が噂されたようです。

岡田圭佑さんの子供といえば、娘の岡田結実さんが有名ですよね。もしも北村匠海さんの父親が岡田圭佑さんなら、もっと話題になっているはずです。

したがって、北村匠海さんの父親は岡田圭佑さんという噂はガセ情報ですね。

こちらは顔が似ているからという理由で広まった噂のようですね。

芸能人は色々な角度から噂が広がるので、大変ですね。

子供時代

今では人気の俳優である北村匠海さんですが、子供時代はどうだったのでしょうか?

みていきましょう。

2007年、小学3年生(8、9歳)のときに今の事務所のスターダストプロモーションにスカウトされ、芸能界入りをしました。

翌2008年、NHK『みんなのうた』で放送された「リスに恋した少年」で歌手デビューを果たし、映画「DIVE!!」とドラマ「太陽と海の教室」で映画&ドラマに初出演しました。

その後、数多くのドラマ、映画に出演し、2017年公開の映画「君の膵臓を食べたい」で初主演。この役でブレイクし、人気若手俳優の仲間入りをしました。

北村匠海の過去の作品を見ていくと、

DIVE!!では池松壮亮の幼少期
重力ピエロでは岡田将生の少年時代
TAJOMARUでは小栗旬の幼少期を演じました。

沈まぬ太陽では柏原崇の子供時代
小栗旬監督のシュアリー・サムデイでは、小出恵介の幼少期を演じました。

陽だまりの彼女では松本潤の中学生時代を演じており、今をときめく人気俳優たちの幼少期を見事に演じました。

幼少期から数々の有名な映画に出られており、しかも重要な役どころをこなしていますね。

かなり子役の中では、期待されていたのではないでしょうか。

しかし、子役時代時代は悩みが多かったようです。

北村さんはデビューしてからこれまで、40本以上のドラマ、映画に出演してきました。

本数だけ見ると順調にキャリアを積んできたようですが、「君の膵臓が食べたい」で初主演を勝ち取るまでに12年かかりました。

中学生の頃、脇役ばかりでなかなかブレイクしないことに悩んでいたそうです。「辞めたい」とか「将来はサラリーマンになる」と思ったこともあるそうです。

そんな北村さんの支えや刺激になったのが「仰げば尊し」で共演した新田真剣祐さんや、映画で共演した松岡茉優さん、土屋太鳳さんの存在です。

同世代の俳優の活躍に刺激を受け、「また共演をしたい」というのがモチベーションになったと北村さんは語っています。そして、それが「君の膵臓を食べたい」の主演に繋がりました。

今は華やかなに映画などに出ていますが、過去にはいろいろ苦労しているようですね。

同世代の俳優たちの刺激を受け今に至るみたいですね。

現在は音楽も俳優もやられているので、今後も幅広い活躍に期待しましょう!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする